Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

技術翻訳が得意な翻訳会社

翻訳と言うのは原文を他の言語に訳す仕事であり、原文に何が書かれているのかと言った理解が出来る事が求められます。例えば、技術翻訳には電気や機械などの翻訳が在り、専門的にこれらの翻訳を可能にしている翻訳会社も在りますが、原文に書かれている内容を把握し、それを必要となる言語に訳す事で技術翻訳を可能にするのが特徴です。

また、技術的な要素の中には略語なども多数在るため、この略語の意味を知っていなければ翻訳を行う事は出来ないため、翻訳会社ではスキルを持つスタッフもしくは外注者を確保しており、必要に応じて翻訳者を決めると言った方法で翻訳の仕事が行われているのが特徴です。

人材募集を行う翻訳会社

会社の規模を拡大したい場合や、人手が足りなくなってしまった場合に、翻訳会社は人材募集を行う事もあります。

翻訳会社で翻訳の作業を行うスタッフは、誰でもできる仕事ではなく、取り分けて専門性が高い仕事です。

ですので、翻訳会社に応募する人の中から、自社の業務をこなす事ができる人材であるかどうかという事を、翻訳会社のスタッフがしっかりと見極めることもある様です。

これまでにも別の翻訳会社で働いてきた人や、経験は十分でなくても、充分に仕事をするだけのスキルを備えている必要があるかと思います。翻訳者になる事を目指してからプロになるまでに、かなり長い時間がかかる事もあるかと思います。

リピート利用する事もある翻訳会社

一度だけ翻訳会社のサービスを利用するという事もあるかもしれませんが、人によっては何度もリピートして翻訳会社を利用するとい事もあるかもしれませんね。何度も翻訳会社を利用している場合には、お互いに事情などを把握できている事もあり、同じ形式の文章の翻訳を依頼する場合には、簡単な打ち合わせで済ませられる事もあるかもしれませんね。

また、過去に翻訳会社を利用していると、信頼できるかどうかという事も分かるかと思います。リピートして利用すると、何かと双方にとって便利な事も多いのではないかと思います。

また、ぜひチャンスがあれば次も利用したいと思える様な素晴らしい翻訳会社が見つかるといいですね。

技術書の翻訳は、大手の翻訳会社に

翻訳会社には当然の事ですが、語学力に長けたスタッフが勤務しています。英語力に秀でている事はもちろんのこと、今では海外で実際に勤務していた方、あるいは長期の留学経験がある方、そして海外の技術系企業で実際にビジネスパーソンとして勤めていた方などが、翻訳家として大手の翻訳会社で働いています。要するに画一化された教科書的な和訳ではなく、ネイティブな読みやすい文章を構築するスキルに長けた人材が、近年増加しています。

翻訳会社に依頼すれば、手元の技術書なども瞬く間に和訳または英訳されます。グローバル化が進む昨今だからこそ、専門家の力を上手く借りる必要が出てきました。

学術論文が得意な翻訳会社

近年では翻訳会社に来る依頼の多くがビジネス文章であると言われています。しかし、翻訳会社にはその他にもいろんな種類の文章の依頼が来る事もあり、学術論文の翻訳を依頼したいという顧客もいます。

学術論文と言えば、難しい文章で、なおかつ専門用語なども散りばめられています。そのため、学術論文を多く扱ってきた翻訳会社に依頼するのもいいでしょう。学術論文は自分のキャリアにも関わる大事な文章となります。そのため、翻訳会社はしっかりと選んでおく様にしましょう。

他にも翻訳会社によっては取扱説明書や特許関連の文章、または証明書などいろんな種類の依頼が来る事もあります。得意分野を見極める事が大事です。

翻訳会社についての記事