Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

海外調査を行う場合の助成金について

海外調査には助成金があるのを知っていますでしょうか。中小機構が運営する海外ビジネス戦略推進支援事業を利用すれば160万円を最大で得ることが可能なのです。海外リサーチを行う場合には勝手も分かりませんので、どれくらいの期間やコストが掛かるか分からないものです。

中小機構が運営する海外ビジネス戦略推進支援事業は海外展開を希望する中小企業者を対象に進出先の調査や販路の確立を支援するものです。Web構築費や旅費お含めて最大で160万円までの補助を受けることが可能です。これから海外進出を考えている企業は利用してみるのもいいでしょう。

細かい調べ物のサービスを海外調査で受ける

海外調査のサービスは、依頼主の代わりに現地へ向かった担当者が動かすことによって成立します。

サービスを提供する海外リサーチの業者ができることとしては、見込み顧客となる企業の情報を詳細に調べ上げることです。たとえば、取り引きにおいての担当者の名前や所在地などといった内容です。これらを知らなければ商談まで漕ぎ着ける折に労力が多く必要になるために、現地で調べつくしてもらうほうが効率的と言えます。

納品された海外調査の結果を確認しながら現地での行動の予定を立て始められるので、予備知識の獲得に走らなくてもよくなります。

テーマは海外調査の専従者が決めてくれない

売れる製品は万国共通というわけにもいかず、地域柄しだいで変化してしまうのが事業の大変なところです。海外調査は第一に販売数が伸びるのかを焦点に調べられるものの、提示された情報だけで判断してはなりません。

テーマを海外リサーチで定めておくことによって、売上高が大きくなる製品の概要が明確化していきます。

現地の消費者がどのような一品を求めているのか把握すれば、既存のものに改良を加えて堂々と出荷できる体制が整います。少しの工夫で販売数が良い方向に伸びるとあらば、あらかじめ情報を収集することは大事と考えられます。

海外調査のモニターとは何か

日本からの海外進出を考える企業は数多いものですが、何も大企業だけが世界に打って出るわけではありません。より大きなビジネスチャンスを目指すのは、中小企業も個人企業も同様です。しかし、海外の事情が判らないことには、進出するのにも大きなリスクがかかってしまいます。それはどこの企業にとっても、同じ悩みの種です。そのために、海外調査を専門とする会社の存在があります。

進出地域の状況を、海外リサーチに長けたモニターたちによって海外調査し、各企業にとって必要な情報をキャッチします。モニターの的確な市場調査によって、その地域で何が求められているかが一目瞭然となるのです。

進出への足がかりとして、海外調査とリサーチはもはや欠かせないものになっています。

海外調査時の定量調査の結果のまとめについて

海外市場を調査する場合には、事前に定量調査を実施しておく必要があります。インターネットでの調査をする場合には多言語化をきちんと行っておく必要があります。

海外市場へ進出する場合の海外リサーチも日本市場のリサーチと手法は同じです。海外調査をこれから検討する方は、実施のコンセプトを考えて実施を行うようにしましょう。

具体的には商材の嗜好度や使用頻度についての調査実施が主になるはずです。海外調査の期間と目的を定めて費用の範囲内で結果をどうまとめるかを決めて実施することが大切です。自社で難しい場合は専門業者に依頼しましょう。

海外調査についての記事