Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

国内では考えられない費用が海外調査にかかる

海外リサーチを初めて依頼して一番に驚くのは、国内で調査業務を委託する場合をはるかに凌駕する費用を請求されることです。人件費だけを考慮しても納得がいかないのは、海外調査の真実を目の当たりにしていないからです。

海外リサーチを最後までやり遂げるには、国内外を行き来する費用が必要になります。当然のことながら海外調査を依頼する側が負担しますし、それだけで終わらないので高く感じてしまいます。

海外リサーチの終盤には、収集した情報を翻訳しなければなりません。翻訳の作業者も海外調査の一員として携わるので、完成品に相応の報酬も用意する義務が課されます。

スケジュールは海外調査の手法しだいで短長が変化する

見積が出される時点で、海外調査にかかるおおよそのスケジュールが明らかにされます。たいていは月単位で示されますが、もう少し短くできないかと打診しても断られるのが関の山です。

海外リサーチに一度も取り組んだことのない人物が行えば年単位までかかってしまうことを数カ月で終わらせてしまうのですから、回答の内容は至極当然と言えます。

しかしながら、手法によってはスケジュールの短縮も図れます。渡航することなく電子計算機を通じて国外の担当者とやり取りする形式であれば、移動や滞在に欠かせない時間が必要なくなるので予定が早まります。

マルチカントリーの海外調査で製品を売り込み先を知る

求められる製品の特色は、マルチカントリーによる海外リサーチで判明します。一つだけの国に絞って海外調査を実施しても、販売するに値しない場所であることがわかっただけの結果に落ち着くことも考えられます。

その一方で複数の国に視野を広げて海外リサーチを行うと、特定の国へ売り込む効果が薄くても別のところであれば効果がある旨を掴める可能性があります。

マルチカントリーの海外調査を始めようとすれば、それなりの金額を請求されるのは否めません。

海外リサーチの結果を最大限に活用する意気込みがあるならば、多額の出費も覚悟しなければなりません。

海外調査のデータのまとめ方が重要です

海外調査を行うにはデータのまとめ方が重要です。

海外リサーチを行った結果を定量的に数値化するのはもちろんのこと、定性的にユーザのセグメント分析を行い、潜在ニーズを的確に定義することこそ重要です。多言語化を行いプロモーションを実施するにしても、ターゲットユーザの嗜好にピンポイントでアプローチしないと反響を得ることはできません。

海外市場だからこそ日本市場より力を入れてリサーチしなくてはいけません。

海外市場を開拓するためには目的を明確にして事前リサーチを行ってから市場に参入しなくてはいけません。必要でしたら外部の専門機関を利用するように心がけましょう。

海外調査と利用者の把握について

企業が海外に進出する時には海外リサーチが欠かせません。自社の商品に対してどれくらいの利用者が見込めるかをしっておかなければならないからです。一般的には国内である程度の実績を上げてから海外に進出するのです。

初めから海外向けの商品とは違うのです。海外調査は自社で行うのではなく、専門機関に依頼することになるでしょう。その時に重要なのは、目的を明確にすることです。それは販売戦略ともいえるでしょう。

国内で売れたものを海外に持ち込むのか、酷な出の需要が見込めないために海外に展開するかは大きな違いです。グローバルな視点が求められています。

海外調査に申し込む前に見積りに出す利点

みなさんの中には、海外調査を検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。海外リサーチについてのノウハウがあるのでしたらいいのですが、必ずしもうまくいくとは限りません。また、会社によっても料金も違ってくるものですから、実際に複数の会社に見積りを出してみる、という方法があります。お好みの海外調査方法によっても値段は変わるものですから、必ず希望を伝えてからにしましょう。

海外調査の結果で運命がかわるといっても過言ではありませんから、値段だけではなくて調査の質についてもしっかりと確認してから申し込むことが大切です。

海外調査についての記事