Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

英語翻訳と校正の必要性

自分で翻訳をした場合、どうもうまく訳す事が出来ていない場合があります。その為実際には業者に英語翻訳を依頼する場合も少なくありません。

ただ業者が翻訳した物を見ても、何だかいまいちよく分からない仕上がりになっている場合があります。その為、より内容を分かりやすくする為にも校正を行う事になります。

この作業を行う事によって、何となく意味が通じにくかった言葉等も分かりやすく整理する事が出来るし、何より文章自体がとても読みやすい物となります。従って、ただ訳すだけでなく校正も行う事が英語翻訳を行う上でも必要です。

英語翻訳の英訳には、ネイティブが対応を

日本人は、バイリンガルなら別ですが、母国語が完全に日本語である場合は、英語翻訳は英文和訳に徹し、和文英訳は英語のネイティブに任せるのが望ましいでしょう。インターネット社会になって、ネイティブでない人の作成した日本語の文章を目にする機会がかなり多くなりました。

それを見るにつけ、和訳はネイティブに限るべきだという認識を新たにします。日本人を用意できない場で作成した文章であるなら仕方がありませんが、そうでなければ、やはりネイティブを使うべきだとしみじみ感じさせられます。英語翻訳でもそうでしょう。英訳はネイティブに対応させるべきです。

英語翻訳や和訳を依頼してみませんか

グローバル化が進み、海外との取引が増えているという企業も多いでしょう。英語は得意という人でも、ビジネス英語となると特殊な用語もあって表現に悩んだり、難しく感じるものです。ビジネスは速度が命ですし、英語に苦しんでいるうちに対応が遅くなってしまっては、大切な仕事を逃してしまいがちです。

そんなときは英語翻訳や和訳のサービスを利用してみましょう。

ネイティブならではの表現方法でわかりやすい英語翻訳を行ってくれますし、専門分野の知識が豊富なスタッフがそろっているので安心です。24時間いつでもウェブ上で依頼できますし、急ぎの時でも納期が早いので便利です。

英語翻訳で単語の辞書以外の訳もありです

英語から日本語への英語翻訳で気を使うポイントとして、一つの単語が新しい使われ方をしている時です。若者やある特定の職業の方たちが、仲間内だけの隠語としてそれを使うと、翻訳する時は苦労します。本来の意味から、そうかけ離れた意味で使われることは少ないのですが、それでも、的確に訳せないことがあります。そして、最も、困ることが新しい使われ方をしたその単語を従来の意味のまま訳して、理解しにくい日本語表現になる場合です。

しかし、それほど心配はいりません。隠語が使われるような文章の英語翻訳の仕事は、まず依頼されないはずです。

英語翻訳についての記事