Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

英語翻訳と入力について

英語を調べているときに、ついつい、英単語などが分からなくなってしまい、英語翻訳が欲しい、と思ったことは、多くの方が体験していると思います。

特に、海外の方などに商品を売っている商売の方などの場合には、通販などで商品を買ってくれた方へのお礼として、英語での文章を入力したいものですが、このような場合には、どのようにすると便利なのでしょうか。

インターネットでこのような英語翻訳のサイトなどを探すと、ある程度の英語の知識がある人ならば、欲しい英語翻訳の文章を見つけることが出来て、単語を入力すれば、すぐにその文章を見つけ出すことが可能となっています。

特許分野においては、英語翻訳の仕事が非常にたくさんあります

特許分野においては、英語翻訳の仕事が非常にたくさんあります。

仕事のチャンスは常にあると考えていいでしょう。しかし、特許分野の翻訳を担当するには、高い英語力だけでは訳したり、内容を理解することが非常に困難になっています。

通常、工学部などの修士号や博士号を持っている人でなければ、これらの仕事を得ることは非常に難しいと言っていいでしょう。

逆に言えば、工学部などで博士号を取得し、英語力が極めて高い人は、常に仕事の引き合いがあり、ライバルも少ないことから、比較的良い待遇で仕事を得られるというメリットがあります。

英語翻訳で音声で勉強する選択

文法を正確に使いこなすことができれば、たとえ当てはめる単語があまり似つかわしいものではなくても意味が伝わります。文法の勉強の仕方として行われる事が多いのは参考書を片手に黙々と書き写したり、何度も読み替えるという英語翻訳の仕方です。

しかし、この方法は活きた英語翻訳とは言えないので、アメリカ人から発せられる英語を耳にした途端頭が真っ白になる可能性があります。そこで選択すべきなのはCDから流れてくる音声を参考にして例題を丸暗記するというものです。暗記は良くないと言われることが多いのですが、とにかく頭に入れることが先決です。

ネイティブによる英語翻訳のメリット

専門の翻訳会社に対して英語翻訳を依頼する場合、翻訳者の技量によって仕上がり品質に大きな差が生じる可能性があります。そのため、どのような人が翻訳を行っているのかを重視しながら業者選びを行うことで、より安心して英語翻訳を任せられます。

英語翻訳を手掛ける翻訳会社では、ネイティブが翻訳作業を行っている場合もあり、原文に沿ってより自然な英語へ翻訳可能というメリットがあります。

日本人による英語翻訳では、意味を正確に伝えようとすると固い文章になりがちですが、ネイティブによる翻訳の場合、正確な意味を保ちながら読みやすい文章に仕上げられます。

英語翻訳家になるための対策とは

英語翻訳家になるにはどのような勉強、対策をすればよいのでしょうか。まず英文を早く正確に読みとる英語力を身につけるために、多くの英文を読むことは不可欠です。産業翻訳であれば分野をしぼって、その分野の英文、日本語文の両方を読む必要があります。また正確に読み取るためにレベルの高い英文法書を通読することもおすすめです。そして正確な日本語の表現力を身につけるために新聞もなるべく毎日読むようにしましょう。

英語翻訳家になるには読解力、文章作成能力、専門分野の知識が必要となるので、英語だけが得意でも翻訳家になれるわけではないのです。

英語翻訳についての記事