Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

読めないレポートは海外調査でしばしば提出される

意気揚々と海外調査が完了したなどと報告されて、レポートを手渡してくる担当者の目の前で絶句することは日常茶飯事です。

確実に海外リサーチが進められたはずであるものの、肝心のレポートの内容が理解できない事態がよく発生するからです。

海外調査に臨んだ者が誰も知らない言語を駆使しているのではなくて、依頼者が現地の公用語を理解できないために起こります。

一般的な相場を大きく下回る海外リサーチを引き受けてもらえる場合には、成果物が訳されるのかどうかを確認しなければいけません。さもなくば、独力で解読せざるを得なくなります。

手間のかけ具合が海外調査の品質に影響する

品質重視の海外リサーチを所望しているのなら、資料の内容をよしなに修正する業者と仲良くすることを第一条件とします。

海外調査そのものに手間がかかりますから、最終的に仕上がる結果が記された書類の校正にまで手が回らない業者は少なからずあります。一般市民の考えを所定の欄に記入させる方式であれば、参考にならない情報が確認できてもそのままの状態で納品される事例が該当します。

一方で品質が高い海外リサーチは、回答内容の隅々まで確認して重複箇所をひとまとめにしたり依頼者が求める内容と大きくかけ離れていれば削除しています。

品質管理が厳しい海外調査には橋渡し役がいる

曖昧な品質管理しか行われていないとしか感じられない海外リサーチでも、携わった当事者からしてみれば万全の状態で臨んだと自負します。

依頼者側と海外調査の実施者の間に認識の隔たりがあるために、品質管理に疑問符が付けられる事態に陥るというわけです。

あってはならない減少であると同時に、危惧して対策を練る海外調査の組織もあります。

海外リサーチの進捗状況を入念に行うと同時に、現地で動き回る人材と依頼者と直接的に関わる従事者との間に橋渡し役を配置します。依頼者にとって大雑把に感じられる行いが是正されるので、一定の品質が保たれるようになります。

海外調査を実施するには

海外で商品やサービスを売り込みたいと思っているなら、海外リサーチの実施は必須と言えるでしょう。海外調査を行うのに必要なのが、公平で偏りがない質問紙とそれに答える参加者です。最近は質問紙を回答者に直接配らず、ウェブ上ですませることが増えていますが、できるだけ客観的で分かりやすい内容にすべきなのはどちらも同じです。

海外でリサーチをするなら、現地の言葉にある程度堪能であることも必要でしょう。サンプルとなる参加者を数十人から数百人集める必要も出てきます。参加者はウェブサイトなどを利用して募集をかけるか、海外調査を扱うリサーチ会社に依頼するといいでしょう。

海外調査についての記事