Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

翻訳者の資格

翻訳を行うにあたって、資格があるのかというとそうではなく、決められた翻訳者の資格というものは存在しません。

ですが、スキルを示す資格というものは存在します。
必ず必要というわけではありませんので、全ての翻訳者がもっているという訳でもありません。

ですが、留学者や国際社会で必要な能力を身につけた方々が翻訳を行っています。

翻訳会社に登録するのに必要な語学力のレベル

翻訳を本業にしたいと考えている未経験の人が翻訳の仕事に携わるには、まずは翻訳の仕事を依頼してくれる翻訳会社に登録するのが近道です。登録するのに必要な語学力のレベルとしては、英語であればTOEIC950点以上であることや英検1級であることなどが採用条件として提示されることもあります。

また、翻訳会社で行う独自のテストなどを受けることもあります。翻訳では話す力や聞き取る力よりも多言語を適切な日本語に訳す能力が一番求められるため、TOEICの成績がよくても文章力が低ければ仕事での評価はあがりません。

しかし、ある程度の語学力があることを翻訳会社にアピールするにはTOELCのような知名度の高い試験や資格は必要です。

翻訳会社の特徴を知る

どの翻訳会社に対して依頼するかという事を考えた際に、いくらかの会社を候補に入れて考える事もあるでしょう。その中から最終的に依頼する翻訳会社を決定する事になりますが、漠然と翻訳会社について調べているだけでは、どの会社も良さそうだと感じる事もあります。しかし、翻訳会社を決めないといけませんので、特徴について把握する様に努めてみてはどうでしょうか。

翻訳会社の特徴と自分が求めているものがマッチしている場合には、きっと満足する事ができるでしょう。また、専門的なテキストであったり、あまり使用されていない言語の場合などには対応できる会社というのはかなり限られてくる事もあります。

翻訳を仕事にするには高い水準が必要

どんな仕事でも、技術職は非常に高い技術を必要とします。趣味として楽しむ場合とは違い、ある一定以上の水準の技術がないと仕事をするのが難しい場合もあります。翻訳の仕事もその一つです。

しかし、外国語のスキルと翻訳のスキルは完全にイコールとは言えない部分もある様です。

翻訳の仕事の方が国語力や要約する力なども必要になってきます。そのため、帰国子女であれば誰でもこの仕事ができるという分けではありません。

たとえ、二カ国語が堪能であっても理解できるというだけではなく、国語力などは鍛えないといけない事もある様ですね。

外国語で書かれていて理解できない文章を分かる様にするというのは素晴らしい仕事ですね。

ベストセラーを様々な言語に翻訳

書店に行くと翻訳された本がたくさん販売されています。

最近は英語だけではなく、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、中国語、韓国語などさまざまな国の本が翻訳によって見ることが容易になってきています。

他の国の本を見ることができることで知識や思考の幅がぐんと広がるのではないでしょうか。世界中で親しまれている本や、ベストセラーの本を探してみるのも楽しいものです。

書店で翻訳されている本を探して読んでみましょう。

翻訳についての記事