Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

翻訳会社の単価

翻訳会社に翻訳の仕事を依頼した場合の費用と言うのは1つの翻訳に対して費用が幾らと言った計算で行われる場合も在りますが、大半の場合が1ページ単位、1文字単位、1ワード単位と言う単価が定められており、完成物のページ数、翻訳後の文字数、翻訳後のワード数を計算して費用請求が行われると言う事になります。

尚、ページ数や作品単位の費用は予め見積もりを作成することが出来ますが、1ワード単位や1文字単位と言うのは翻訳が仕上がらないと解らないのが特徴です。

また、単価の決め方は翻訳会社により異なる事、技術翻訳や産業翻訳などの翻訳の種類や言語などにより異なります。

多言語に対応した翻訳会社

何と言ってもたくさんある言語の中でも、特に英語を扱う翻訳会社は多いかと思いますが、その他の言語についても翻訳の必要がある場合には、多言語に対応した翻訳会社を見つけないといけない事もあるかと思います。

今後も複数の言語への翻訳が必要になりそうな場合には、多言語に対応している翻訳会社に仕事をまとめて依頼しておくと、その様な場合にも手っ取り早いかと思います。別の翻訳会社に依頼するというのもいいかもしれませんが、やり取りについて一度で済ませる事ができますので、仕事を進めるという事を考えると、便利ではないかと思います。自分たちの要望に応えてくれる翻訳会社をぜひ見つけたいですね。

日本人スタッフがいる翻訳会社

外国人スタッフがいる事も多い翻訳会社ですが、国内ではやはり日本人スタッフがいる場合が多いでしょう。日本人の顧客の立場に立って考えてみると、日本人スタッフがいる翻訳会社であれば、細かい点に至るまでコミュニケーションが取りやすいという点が考えられます。

費用など大事な話もしないといけない事もあります。翻訳会社の中には外国人が経営をしている事もあるかもしれません。特に初めて翻訳会社が行うサービスを利用する際には、分からない事もあり不安に思われるかもしれません。また、翻訳会社は国内の会社に依頼するというのはもちろんですが、中には海外の会社に依頼するという事も場合によってはあるかもしれません。

翻訳会社に求められる言語の多様化

いつの時代も翻訳会社に求められる言語というのは一定ではなく、時代によってある国の言語の需要が伸びたりする事もあるかと思います。

昔に比べると、翻訳会社では中国語に対するニーズが増えるなど、変化している部分もあるかと思います。

たくさんの言語に対応している翻訳会社も見かける様になりました。

いろんな言語のニーズに対応するために、翻訳会社は対応できるスタッフが必要になります。

また、この先時代が進むと翻訳会社は、新たなニーズに対応しないといけないという事もあるかもしれませんね。個人の翻訳家であれば、一人でたくさんの言語に対応するのは難しい事もありますが、会社単位なら対応できる事もあるかと思います。

校正作業を綿密に行う翻訳会社

作業が行われた後の文章は、そのまま翻訳会社から顧客の手に渡る分けではありません。その前に翻訳会社が行うべき大事な作業があると思われます。翻訳会社は校正作業を十分に行った上で、必要に応じて修正を行い、作業を完成させている事が多い様です。

やはり、訳した文章にミスなどがあれば、翻訳会社の信頼に関わる事もあるかと思いますので、校正作業に力を入れている事もある様です。翻訳会社が行う仕事の中でも校正作業は、特に地味であるという事が考えられますが、重要性は高いでしょう。また、新人の社員などはいきなり本格的な翻訳の作業に取り掛かるのではなくて、最初の間は校正作業から取り掛かるという事もある様ですね。

高品質な原稿を依頼できる翻訳会社の選び方

翻訳会社には、それぞれ強みがあり、専門性も各業者によって違います。高品質な原稿をご希望であれば、翻訳会社を厳選し、失敗のない仕上がりを期待したいものです。

翻訳会社を選ぶ際に注目すべきポイントをいくつかご紹介します。まず、依頼したい内容が専門性の高いものであれば、その分野を専門に翻訳している会社に依頼するのがよいでしょう。ただし、注意すべき点として、以前利用して満足できた業者でも、翻訳者や分野が変われば品質にも違いが出ることがありますので、事前に確認が必要です。また、ネイティブチェックを受けられるか、修正を依頼できるかという点もポイントになります。

翻訳会社から納品されたものに満足できなかった場合に、再度依頼できるシステムがあればよりよい仕上がりになるはずです。

ネイティブのチェッカーがいる翻訳会社

日本人スタッフだけがいる翻訳会社もありますが、中にはネイティブのチェッカーがいる場合もあります。ネイティブのチェッカーがいる翻訳会社を利用すると、ただ意味が通じるというばかりではなくて、自然で完成度の高い文章に仕上げる事ができます。

顧客に対して提示する文章を翻訳しないといけない時などには、ネイティブのチェッカーがいる翻訳会社を選ぶといいでしょう。

たくさんのスタッフが翻訳会社にはいるという事が予想されますが、誰にお願いするかという事を指名できる場合があります。事前に文章のクオリティを重視したいという事を翻訳会社に伝えたり、ネイティブを指名できる事もあるでしょう。

翻訳会社についての記事