Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

グローバル化に伴う海外調査

ビジネスのグローバル化に伴い、日本の経済研究所では海外調査のネットワークの拡充を図っています。

アジアでは現地拠点作りを進め、欧米ではパートナー企業との連携を強めています。これらの取り組みによって、日本はアジアを代表する海外リサーチの機関として、多くのニーズに応じることが可能となっています。

環境問題やエネルギー問題をはじめ、宇宙や航空の分野から家具や不動産の分野にいたるまで、幅広くリサーチならびにコンサルティングを行える環境が整いつつあります。これらの調査結果が、日本やアジアのために、いや世界全体のために有効利用されることが望ましいです。

質問する方法が主に海外調査で取り組まれる

海外リサーチは実店舗や工場などに立ち入って目視できた情報が次々と与えられるものがある一方で、全く異なった方法から達成を目指す取り組みも活用されています。

各国にはそれぞれ市場の動向を左右するほどの影響力を持つ人物がいるために、彼らと顔合わせして海外調査で必要な質問を実施することです。曖昧に業界を理解している相手ではありませんから、将来的な主力製品の予測情報まで得られる可能性があります。目で見ることが可能な内容も大切ですが、それ以上に重要視しなければならないのは市場の要となる人物が発してくれた言葉です。

事業拡大の要は海外調査で知り得るブランド認知にある

ブランド認知が現時点の商圏で停滞している状態が続いていれば、海外調査で世界中から受けている評価を認識するべきです。

あまり知られていないように感じられる製品でも、海外リサーチが進むうちに他の市場であれば一段と高い利益が見込める事実を知ることにもなります。

従来まで事業を続けてきた場所に留まっているだけでは知り得えることができませんから、誰かが渡航してブランド認知の実態を掴まなければいけません。足がかりとなるのは、従業員でなくて多種多様な市場の現実を深く理解している海外リサーチの専門家集団であるというわけです。

海外調査の依頼先を選ぶ

海外調査はこれから海外への営業展開を考えている企業が行うことの一つです。もちろん、これまで海外進出の実績があれば海外調査をしなくてもある程度のことは予想できるでしょう。

しかし、海外リサーチをしたことがなければ、専門業者に依頼することをおすすめします。海外は国内と事情が異なります。日本人の感覚で営業ができることは少ないのです。実際に海外調査を行っている企業に問合せしてみるといいでしょう。

それぞれの国民性の違いが消費者の行動に関係しているのです。それを理解した上で営業戦略を考えなければなりません。まずは海外調査の依頼先を選ぶことから始めましょう。

海外調査についての記事