Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

先進国に関する海外調査をしっかりと行う

会社を経営していてある商品を他国で販売しようと考えている場合には、しっかりと海外リサーチを行う必要があります。

商品を多く購入してくれるのは特に先進国が中心となるので、そのような国の海外調査を行ってどのような商品を販売すればその国で売れるかを調査することが大切です。

そのような海外リサーチを行っている海外調査会社が沢山あるので、その中から信頼できる会社を選んでそこに依頼をするのが良いです。

間違った調査を基にしてしまったら後々大変なことになるので、そのようなことのないように色々と比較検討してから海外調査会社を決めることが大切です。

海外調査は具体的に踏み込んだ提案がなされる

国外で狙っている市場が活発化しているのかどうかを把握する足がかりには、海外調査の代行を有効に活用する方法を採用します。

海外リサーチであれば土地感覚に秀でた人員が直接的に目指して確認した内容が伝わるので、道に迷い右往左往する心配はいりません。なおかつ顧客の眼中にはなかった要素まで提案されるのは日常茶飯事なので、想定していなかったけれども効果的な情報の入手に直結します。

一例として挙げることができるのは、市場に参入しても利益が確保できるのか否か以前に現地の小売価格の現状から認識しておく必要があることです。

海外調査で顧客満足度を調べる

日本だけでなく海外にも会社があったり、製品やサービスが使われている場合は海外調査の必要もあります。

わざわざ会社の人員を咲くのではなく、海外リサーチ専門の会社もあるので外注するほうが効率よく調査できるでしょう。

顧客満足度だけでなく売上を伸ばすにはどうすればよいか・競合企業はどういったところがあるのか・海外進出する前の事前調査としてなど目的に応じて調べる項目は違ってきます。闇雲に依頼するのではなく、方針を定めた上で信頼できる調査会社を選んで依頼するようにしましょう。遠い国であればあるほど事前の準備が必要です。

海外調査は競合ユーザーの絞込みが重要です

海外調査を実施するにあたっては競合ユーザーの絞込みを行うことが重要です。海外リサーチは大きく分けてセカンダリーリサーチとキーマンリサーチに分けられます。既に溢れている情報より必要な情報の収集を行うセカンダリーリサーチと、ターゲットユーザ層を絞込み競合ユーザを選別するキーマンリサーチを組み合わせることにより、明確なターゲットを選定することが可能になってきます。

セカンダリーリサーチはネットを検索することで可能ですが、キーマンリサーチは多言語化をしっかり行い、目的を持って収集することが重要です。海外調査を実施するにあたって必要なら専門家の助言を仰ぎましょう。

海外調査についての記事