Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

写真にとって自動で英語翻訳

従来の自動英語翻訳のソフトは、キーボードなどを用いて、翻訳したい英文を入力する必要がありました。しかし、慣れない英文を入力すると、ミスタイプがあったりして翻訳するのに手間がかかります。

そこで近年では、特にスマートフォンの英語翻訳アプリなどにおいては、カメラ機能と連動していて、面倒な英文入力をする必要がありません。このようなアプリでは、翻訳したい英文をカメラで撮影することにより、その写真から英文を自動的に読み取って翻訳することが可能なのです。

そのため、英文を入力する手間がなく、素早く英語翻訳を行うことが可能です。

英語翻訳のツールの利用法

英語翻訳のツールを使うと、例えば英文和訳をすると、とても使えないという印象を持つ人も多いことでしょう。英語の基礎ができていない場合は、そのままツールを使うのを止めるところでしょうが、英語の文法がきちんとわかっている場合は、それなりの利用の仕方をします。

つまり、単語調べに使うということです。単語を一つ一つ調べるより、文章内の単語すべての意味がとりあえずわかるため便利だということです。英語翻訳機を使うのは、知らない単語があるからであって、基本的な単語の用法はわかりますし、構文も見当がついているため、単語の意味さえわかれば事足ります。

英語翻訳におけるアプリというアイテム

ウェブ上では数多くの英語翻訳を目的としたサービスが展開されていますし、スマートフォンでも無料で利用できるアプリが多々あります。しかし、こうした文明の利器とも言えるアイテムに全てを頼ってしまうのは好ましくないと言えます。

それは、日本人にとって英語は親しみやすいものですが、言語として比較した場合全く異なるためです。そのため、翻訳ソフトなどのアイテムで表示させた英語翻訳はその大部分が誤っているという認識を持っていた方が安心できます。そういった実情を理解して英語翻訳アプリを使うのなら可能な限り短く区切って訳していきましょう。

音声による英語翻訳について

海外旅行の際などに役立つ、音声による英語翻訳ですが、「認識の精度」、「翻訳スピード」、「翻訳の正確さ」が重要となってきます。パソコンのホームページ上で入力した英文を読み上げてもらえる「Weblio翻訳」、iphonのアプリにも「Google翻訳」、「VoiceTra」など、数多くの翻訳アプリケーションがありますが、選択するポイントはあるのでしょうか?

音声による英語翻訳を選択するのに重要なポイントは、「翻訳の精度」と「オフラインでの対応の可否」です。翻訳精度は最も重要ですし、インターネットが繋がらない場所でも使用できることがどうかも、日常使う上ではとても大切です。

英語翻訳の訳文について

英語翻訳の訳文の質は、英文和訳の場合、英語力と専門知識、そして日本語文章作成能力に大きく左右されます。翻訳者に英語力があるのは当然ですが、それに加えて翻訳文書に関する幅広く深い知識が求められます。また、その分野特有の日本語の言い回しにも精通している必要があります。

和文英訳の場合は、英語翻訳をネイティブが行う場合を除いて、自然で格調のある英文を書く能力が必要とされます。英語圏では文章の質が低いと発信者の信頼性を大きく損なう文化的背景があるので注意が必要です。そのため、通常はネイティブによる検査が行われます。

正確な英語翻訳をするために

最近は、インターネットで無料の翻訳ツールも提供されており、英語翻訳が手軽に出来るようになりました。しかし、やはりその正確さを求めるのであれば、しっかりとしたネイティブチェックは欠かせないでしょう。

英語翻訳に慣れている日本人であっても、やはりネイティブスピーカーの話す自然な英語をマスターするのは、かなりの熟練が必要です。

もしも身近にネイティブスピーカーがいるのであれば、そういった人に自分が翻訳したものをチェックしてもらってもいいですし、最近では格安価格で英語翻訳を行ってくれる業者もありますから、そのような会社に発注してみるのも良いでしょう。

英語翻訳についての記事