Translation Guide翻訳ガイド

確かな翻訳力のある企業に依頼していますか?翻訳といっても様々分野でつかわれています。ですが、その媒体に合った翻訳を行う必要があります。

音声の英語翻訳の豆知識、コツ

英語の音声を聞いて日本語に翻訳していくのはとても難しいです。ここで、英語翻訳のコツを教えます。まずは、英文を聞くことになれることです。オススメは日本語の字幕付きの映画とかを英語の音声で見てけば耳が英語に慣れていきます。ここでオススメする映画は「ディズニー」です。

なぜなら、ディズニーは子供向けの映画なのでアメリカ人の聞き取りづらいネイティブな訛りが少ないといいます。外国人の方でも訛りが強ければ聞き取ることがでいないのに、我々日本人が最初から訛りのある言葉を聞き取ることはとても至難の業なので、まずは子供でも見やすい映画背耳を鳴らしていくと良いです。

翻訳者が推奨するシーンに応じた英語翻訳

外国語を話せるようになりたい方が真っ先に手を出すのが英語翻訳の世界です。現代では小学校から必須科目になっていることもあり、誰にとっても抵抗感が無いという点が選ばれている理由と言えます。

しかし、見切り発車で英語翻訳の勉強を始めてもところどころで躓いてしまい、途中で投げ出してしまいかねません。そこで、使う教材をしっかりと選びぬいた方が良いです。翻訳者になった方が推奨することが多いのは、あらゆる日常シーンのやり取りが収められている英語翻訳の教材を手に入れて使うことです。入門者には少々難しいですが、何度も耳にすると間違いなく知識を強化できます。

英語翻訳者には必要ない発音とリスニング能力

英語翻訳者にとって、発音は関係ありません。リスニングの能力も関係なく、英語を読む能力と書く能力が重要になります。また、英語だけでなく日本語の能力も重要で、分かりやすく正しい日本語を使えることが重要です。

さらには自分で調べる能力も重要で、英語翻訳で分からないことがあれば、自分で調べて解決しなければいけません。

つまり、ビジネス文書などの英語翻訳を依頼するときは、翻訳者の発音やリスニング能力を気にする必要はなく、高い英語力や日本語力を持っているのかが重要なのです。依頼をするときは、言語能力を見極めましょう。

英語翻訳の再翻訳をする2つの理由・方法とは

英語翻訳に関して再翻訳が為される場合、その方法には2つのものがあります。

1つは例えば日本語を英語に翻訳した後にこれをもう一度英語翻訳するといった場合であり、もう1つは例えば日本語を英語に翻訳した後にドイツ語・スペイン語といった別の言語に再翻訳する事です。

前者は1つ1つの文章を翻訳して行った場合に全体の意味・言い回しが伝わり難くなるようなケースや、翻訳語の文章の用途に沿ってより硬い・砕けた文章にテイストを変更するようなケースで行われます。

一方で後者は、直接目的の言語に翻訳するよりも英語を仲介させる事で、より精度の高い・表現の巧みな文章を表現出来るようなケースで用いられる事になります。

英語翻訳とITシステムのスキル

英語翻訳の仕事においては、英語のスキルが必要となるのは言うまでもないことですが、それと同時に今の世の中ではパソコンの操作に関する知識と経験も必要不可欠であると言えます。

特に、最近では英語翻訳用のシステムを使用しての翻訳作業というものが増えてきていますので、このようなITシステムの使用経験が問われることもあります。

その中でも、有名な英語翻訳用のシステムとして最も一般的となっているのは、TRADOSというシステムです。ですから、英語の翻訳に関する求人においては、このTRADOSの使用経験を要求されることが多くなっています。

英語翻訳の表現について

英語翻訳には主に文芸翻訳、字幕翻訳、産業翻訳があります。

文芸翻訳の表現についてはある程度、英語翻訳者の感性によって意訳されることが多く、同じ小説でも訳者が違えば全体的な内容は同じでも部分的な表現は異なってきます。

字幕翻訳の場合、ほとんどが会話になる場合が多いですから、これも文芸翻訳と同様に訳者によって異なってきます。産業翻訳には医療や技術、金融など様々な分野がありますが、これらの翻訳の場合は内容を正確に伝えることが重要視されるので、専門用語や特定の分野で使用される言い回しをする必要があるため誰が翻訳しても同じ内容になります。

英語翻訳についての記事